映画まとめ

映画【マイ・インターン】から学ぶ「良い男の条件」とは何か?

みなさんこんにちは!ペンペン(@penpen_movie)です。

昨年、『ジョーカー』『アイリッシュマン』で人気がさらに飛び上がったロバート・デ・ニーロ。

昔から物凄く渋いキャラを演じてきた彼ですが、今回はとても明るく優しいキャラを演じた『マイ・インターン』について書いて行きます。

『マイ・インターン』の「見どころ」と「良い男の条件」をまとめます!

ロバート・デ・ニーロ主演作品を観るならU-NEXTがお得!

ビデオレンタルすると1作100円以上してしてしまいますし、返却も面倒ですよね?

U-NEXTなら初回31日間が無料になるだけでなく、有料作品で使えるポイントもプレゼント中!

かなりの作品が見放題になる上、期間中に退会すればもちろん無料

『マイ・インターン』はどんな映画?

あらすじ

「プラダを着た悪魔」のアン・ハサウェイと名優ロバート・デ・ニーロが共演したハートフルドラマ。ファッションサイトのCEOとして活躍する女性が40歳年上の男性アシスタントとの交流を通して成長していく姿を描いた。

ニューヨークに拠点を置く人気ファッションサイトのCEOを務めるジュールスは、仕事と家庭を両立させながら誰もが羨むような人生を歩んでいた。ところがある日、彼女に人生最大の試練が訪れる。そんな折、会社の福祉事業で雇われたシニアインターンのベンが、ジュールスのアシスタントに就く。ジュールスは人生の大先輩であるベンから様々な助言をもらい、次第に心を通わせていく。

監督・脚本は「ホリデイ」「恋愛適齢期」のナンシー・マイヤーズ。「セックス・アンド・サ・シティ2」の衣装を手がけたスタッフによる洗練されたファッションも見どころ。

映画.com

作品情報

監督
  • ナンシー・マイヤーズ
製作総指揮
  • セリア・コスタス
脚本
  • ナンシー・マイヤーズ
音楽
  • セオドア・シャピロ

スポンサーリンク

『マイ・インターン』の見どころ

誰でも楽しめて、人生の勉強になる

今作の最大の魅力は「老若男女、色んな方が楽しめること」。

仕事、恋愛、夫婦関係、友情。

これらが全部つめ込まれているので、何気なく選んで観た方でもほぼ100%楽しめる映画になってます。

世代間のギャップもテーマの一つなので、とにかく勉強になる話です。

"仕事や家庭でのトラブル"に悩む方は、観るべきだなって感じました。

また、"人生の転機における学び"が多いのも特徴。

アパレル業界に就職したい方、インターンを控えた大学生の方、起業したい方、定年後の人生を考え始めた方、すでに定年された方が前向きに人生を生きるためのエッセンスが盛り込まれています。

さらには、「良い男」になりたい方、家庭と仕事の両立に悩む主婦の方、バリバリ働くキャリアウーマンの方もとにかく勉強になるはず。

本当に、みなさんにオススメしたい映画No.1です!

良い男になるための5つの条件とは?

次は、『マイ・インターン』から学べる「良い男の条件」をまとめてみます。大きなネタバレはないので安心してください!

読んだ後に気になった方は、ぜひ本編も観てくださいね。

いつも身だしなみはばっちり

ロバート・デ・ニーロが演じるベン・ウィテカーは、毎日ヒゲを剃ります。

人と会わない日、何の予定もない日でも毎日かかさず髭を剃ります。

彼曰く、人生はいつ何があるか分からないからです。

急に飲み会に誘われたり、お通夜に呼ばれたり、道でばったり知り合いに遭遇したり...。

良い男は、いつ会っても変わらず良い男なんですよね。

いつ、いかなる時でも人に見られる意識を欠かしてはいけない。

いつ誰と会っても良いように、身だしなみは常にバッチリにしておきましょう!

人生を前向きに楽しんでいる

ベン・ウィテカーは、いつも前向き。

定年後でもまだまだ心は現役。長年連れ添った妻に先立たれても、前向きに生きています。

そうじゃないと、定年後に設立1,2年のスタートアップ企業で働こうなんて思えないですよね。しかも、まったく馴染みのなかったアパレル業界ですから。

人生行動あるのみ!

作品中では、苦労しながらもFacebookに登録したり、社長の運転手をするなど、新しいことにどんどん挑戦するベン。

この精神は見習わないといけませんね。

常にハンカチを持っている

ベン・ウィテカーは、常にハンカチを持っている。

そもそも男性のみなさん、ハンカチっていつも持ってますか?

実際、持ち歩かないですよね。

ベンも別にハンカチは使いません。でも持ってる。なぜだかわかりますか?

女性が泣いたとき、いつでも貸せるようにハンカチを持っているのです。

これぞ紳士。紳士のたしなみですね。これについて話すベンが物凄くカッコよかったです。

気の効いたセリフが言えなくても、サッとハンカチを差し出すだけで女性はグッとくるのかもしれません!

持ち物はとりあえずハンカチ。これ重要です!

物を大切にする

ベン・ウィテカーは、物を大切する。

持ってるカバンも何十年も前のビンテージ物。

「クラシックは不滅」を合言葉に、同僚に自分のカバンの歴史を話します。それに影響されて、後輩もビンテージ物のバッグを買うほど。

物を大切にする=その価値が分かっているってことですね。

価値がわかる男はカッコイイ!

生き方や価値観が「その物に宿る」ような使い方をしていきたいですね。

余計なことは言わない

ベン・ウィテカーは、余計なことは言わない。

一切、言いません。

したことない、分からないことをわざわざ偉そうに他人に教えるような発言はしません。

勉強も調べ物も、人の見ていないところで行うベン。

余計なことを言う前に、まず行動!

あの人に頼めばきっと何とかなる。あの人なら大丈夫。と評価してもらえるようにならないといけません。

余計なことは言わずに信頼を積み上げていくのが正解なのです。

そのようにして、作中のベンは社員全員から大人気になります。

スポンサーリンク

映画『マイ・インターン』まとめ

『マイ・インターン』では、結婚、恋愛、就職などの「人生の転機」に関わる場面が多く出てきます。

なので、恋人・仲良しの人と一緒にで観るのがすごくオススメです。

こういう生き方いい!この考え方いい!など、観た後に話して楽しんでください!

自分の人生を見つめ直したい。良い男になりたい。など、自分自身とじっくり向き合いたい方は、家で一人で視聴するのがオススメです。

きっといろんな発見があると思います!

以上です!

スポンサーリンク

-映画まとめ
-, , , ,

Copyright© 🎬映画KING! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.