ドラマ

映画【リチャード・ジュエル】ネタバレ感想:爆弾犯にされた男の悲劇の物語

2020年1月19日

みなさんこんにちは!ペンペン(@penpen_movie)です。

90歳でも未だに現役で監督を続ける伝説の男――クリント・イーストウッド監督。

彼はこれまでもいくつもの名作を作り上げてきました。

そして本人は自身の作品に主演としても登場し、非常に濃いキャラを演じるのです。まさに天才。

今回は彼の最新作である『リチャード・ジュエル』をレビューして行きます!

クリント・イーストウッド監督作品を観るならU-NEXTがお得!

ビデオレンタルすると1作100円以上してしてしまいますし、返却も面倒ですよね?

U-NEXTなら初回31日間が無料になるだけでなく、有料作品で使えるポイントもプレゼント中!

かなりの作品が見放題になる上、期間中に退会すればもちろん無料

『運び屋』『ミリオンダラー・ベイビー』『グラン・トリノ』など、イーストウッド監督作品が数多く配信中!

『リチャード・ジュエル』はどんな映画?

あらすじ

「アメリカン・スナイパー」の巨匠クリント・イーストウッドが、1996年のアトランタ爆破テロ事件の真実を描いたサスペンスドラマ。

96年、五輪開催中のアトランタで、警備員のリチャード・ジュエルが、公園で不審なバッグを発見する。その中身は、無数の釘が仕込まれたパイプ爆弾だった。多くの人々の命を救い一時は英雄視されるジュエルだったが、その裏でFBIはジュエルを第一容疑者として捜査を開始。それを現地の新聞社とテレビ局が実名報道したことで、ジュエルを取り巻く状況は一転。FBIは徹底的な捜査を行い、メディアによる連日の加熱報道で、ジュエルの人格は全国民の前で貶められていく。そんな状況に異を唱えるべく、ジュエルと旧知の弁護士ブライアントが立ち上がる。ジュエルの母ボビも息子の無実を訴え続けるが……。

主人公リチャード・ジュエルを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のポール・ウォルター・ハウザー、母ボビを「ミザリー」のキャシー・ベイツ、弁護士ブライアントを「スリー・ビルボード」のサム・ロックウェルがそれぞれ演じる。

映画.com

作品情報

監督
  • クリント・イーストウッド
原作
  • マリー・ブレナー
脚本
  • ビリー・レイ
音楽
  • アルトゥロ・サンドヴァル

評価・ネタバレ感想

評価:

 

いつもの監督らしさが足りない作品

世間的な評価が高いので期待していたんですが...正直、かなり普通の映画と言う感想でした。

面白くないわけではないけど、"世界仰天ニュースにありそう"というのが終わった後の印象です。もちろん、雰囲気や緊迫感は段違いですけどね。

無実の罪による容疑者への物証の無い見込み捜査が当然のごとく行き詰まり、無罪確定。

メディアによって平穏な日常が奪われる話って、今の日本でもアメリカでもかなりありえる話ですね。

イーストウッド監督も90歳で、後何本も撮れないはずなので、相当気合いを入れて脚本を選ぶと思うんだけど、今までの彼らしい”盛り上がり”が少なかったです。

『ミリオンダラー・ベイビー』『運び屋』『グラン・トリノ』などに比べて、すげぇ!と思える要素も少ない。

見せ場も迫力もない。

FBI捜査官の"クソ3人"マスコミ両者による醜い暴走という、驚きも新鮮味もない当たり前のようなことがテーマなので...。

といってもドラマはさすがと言わんばかりの緊張感があります。FBIのアホ面と堕落っぷりも観ててあきれるほど面白かったですw

※ここから下はネタバレを含めます。

まだ鑑賞していない方は、ご注意ください。

スポンサーリンク

英雄から容疑者へ落ちたジュエル氏

物語の軸となるのは「アトランタ五輪爆破テロ事件」。

無駄に正義感が強く、余計な行動で問題を起こしてしまうリチャード・ジュエル氏。

彼は副保安官や法執行官などの職をして来た男性で、アトランタ五輪中のライブで警備員をします。

当日、ベンチ下に謎のリュックが。周りは「ただの遺失物だろう」と警戒をしない一方で、ジュエル氏だけは"不審物"として警戒。

恐る恐る中身を覗くと爆弾が...。

急いで観客たちを奥の方に避難させます。被害が出てしまったものの、避難させたおかげで大惨劇を食い止めたのでした。

それからは英雄としてテレビ出演などをするジュエル氏。一方で、事件を担当するFBI捜査官たちは「自作自演なのではないか」と一気に疑い始めるのです。

過去には、彼のように警察官への憧れ、強い正義感を持った男が自作自演で爆破テロを起こし、英雄になろうとした事件もありました。

ここから一気にジュエル氏は"容疑者"へと転落してしまいます。

FBI捜査官とメディアの大暴走

FBIたちは公開捜査をしていたわけではありません。ではなぜ情報が漏洩してしまったのか?

それは女性記者のキャシー・スクラッグスの記事がきっかけなのです。

彼女は事件を担当する捜査官の一人に迫り、自らの体と引き換えに極秘情報を得ていました。

しかも"あくまでも捜査上は第一発見者の彼を容疑者"としているのに、ゴリ押しで「リチャード・ジュエル氏が容疑者」と記事に書いてしまったのです。

それが原因で、「リチャード・ジュエル氏容疑者報道」は一気に加速。

大勢の命を救った彼が、容疑者として祭り上げられ、家族も含めた普通の生活が奪われ、好き放題勝手なことを報道されていく様がとても恐ろしい。

何も証拠なんてないのに、こんなことがキッカケで容疑者になってしまうのか。

こんなに何も分かってない状況なのに、そんな動機で報道してしまうのか。

最終的にはジュエル氏の「何か証拠でもあるのか?なぜこんな目に遭わなければ行けないのか?」という質問に対し、FBI捜査官たちは何も答えられませんでした。

これがすべてですよね。証拠もない、ただの推測、捜査が行き詰っているから、彼を容疑者にしたかったのでしょう。

それとFBIによる汚い捜査方法。

ある時は本物の書類にサインさせようとし、ある時は真犯人のメッセージと同じものを録音する。

最低すぎる...。捜査が行き詰ってるなら正直にそう言えやクズ共。

これだけは絶対ないと思った"女性記者の涙"

終盤、ジュエル氏の母ボビさんによる悲痛の記者会見シーンがあります。

母親を演じたのは『ミザリー』で怪演技を披露したキャシー・ベイツ。これは本当に見事です。

さて本題ですが、このシーンで例のキャシー・スクラッグスが記者会見を見て涙を流すのです。

あれほど厚顔無恥で性根の腐ってる女性記者がお母さんのスピーチで涙を流すなんてありえない。

もしそんな感情になるなら、そもそもFBIからの情報をリークしないし、あんな記事も書くわけがない。

今作における一番のツッコミ所でした。

スポンサーリンク

映画『リチャード・ジュエル』まとめ

英雄から容疑者へ。FBI捜査官とメディアによる暴走。

驚きも意外性もないテーマの映画なので、本当に普通&普通でした。まあ『ジョジョ・ラビット』の後に観たんで、タイミングも悪かったと思いますw

映画としてはそこそこ。クリント・イーストウッド監督の作品としては物足りない。

そういう映画です。

でも2020年始まりの映画でこのレベルのものがあるのは、やはりすごいです。イーストウッド監督にはこれからも元気に映画を作って欲しい!

以上です!

スポンサーリンク

-ドラマ
-, , , , ,

Copyright© 🎬映画KING! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.