LIFE

消費増税の代償?イートイン脱税と正義マンとはなんなのか?

2019年10月2日

みなさんこんにちは!ペンペン(@penpen_movie)です。

今月1日から消費税が10%に上がりました。しかし今回は軽減税率と言われる制度が追加され、日本全体で混乱する事態が起こっています。

昨日はスシローでレジの消費税が0%になってしまうという不具合が発生しました。

その後、今度は『イートイン脱税』と『正義マン』という言葉が話題になっています。

今回はその二つについてまとめていきます。

スポンサーリンク

イートイン脱税とはなんなのか?政府の見解は?

イートイン脱税について

イートイン脱税とは、商品を8%で買い、本来は10%になるはずのイートインコーナーで食事をするという事です。

8%が適用されるのは『持ち帰り』の場合であるため、本来は禁止されています。

しかしセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップの大手4社は、原則として客の自己申告があった時のみ10%の消費税率を適用します。

つまり「イートインを利用する」と申告せずに8%で購入し、イートインを利用するという脱税行為なのです。

合法脱税なんて呼ばれていますが...それならイートインも8%でいいのでは?と思ってしまいますね。

政府の見解はどうなってる?

さて、イートイン脱税は恐らく10%に上がる前から考えていた人が大勢いるでしょう。

これに対し、政府の見解は以下のようです。

●国「倫理上はともかく、制度上の問題はない」

この混乱を国はどう見ているのでしょうか。国税庁は「倫理上どうなのかという観点は別になりますが」と前置きした上で、「軽減税率が適用されるかどうかの判定は、事業者が客に飲食料品を譲渡した時点で行われます。コンビニではレジで飲食料品を販売した時点で、判定されるため、(その後に客が店内で飲食していたとしても)制度上の問題はありません」と説明します。また、「自己申告をしたのに、8%で処理された」というケースは、事業者が最終的に適正な納税をしていれば脱税には当たりません」という見解を示しています。

制度上の問題はないとしても、倫理上おかしいと感じることが少なくないコンビニの軽減税率問題。今後、コンビニ各社がどう対策に乗り出すかが注目されます。

Yahoo!ニュース

つまり政府が『合法脱税』だと認めているという事です。

わかりにくい軽減税率のせいでこういうことが起こってしまうのは予想できたはずなので、完全に政府のやり方がおかしいですよね。

特に高齢者や子供の無申告が多いらしく、ファミリーマートは「国に方針を示してもらうしかない」とコメントしています。

正義マンがチクったらどうなる?

ネットでは以前から、「正義マン」と呼ばれる言葉があります。これは電車などでズレた正義感を振りかざす人を指す言葉のようです。

今回の軽減税率をめぐる騒動でも、「正義マン」がイートインコーナーの利用でズルをしている人を見掛けて、店員に伝えるのではないかと話題になりました。

では、自己申告をせずに、飲食している人を見掛けた第三者が、従業員に報告したケースにはどう対応するのでしょうか。

ファミリーマートは「報告を受けても証拠を把握することが難しく、本人が申告しないのであれば、お声掛けしない」、ローソンも「現時点では、自己申告に基づくので、報告を受けて何かするということは想定していない」と説明します。

つまり公平を期そうと勇気を持って報告したとしても、「なかったこと」にされてしまう可能性が高いと言えます。

Yahoo!ニュース

今の状況ではどうしようもないということなんですね。国が合法だと認めた以上、正義マンのチクリを受けて店員が注意をしても無意味となってしまう可能性が高い。

そもそもイートイン脱税をしていることは店員もすぐにわかるでしょう。なのにいちいちズレた正義感でチクってくる正義マンに対応することも店員さんは大変だと思います。

「自己申告制」というのがそもそもおかしいと思います。

スターバックス等ではレジで聞くので、8%か10%かきちんと分けています。コンビニも同じように店員さんが会計時点で聞けば防止につながるかもしれませんね。

イートイン脱税まとめ

「制度上は問題ない」なんて言っても脱税、あるいは詐欺に該当しそうなぐらいグレーゾーンです。

倫理的には、こんなことをするのは人としてどうなのかと思ってしまいます。

国もしっかりとした対応をする気があるのか疑問ですが、イートイン脱税はやめましょう。

そしてイートインは外食で使うようなちゃんとした席ではないので、8%が適用されると良いですね。

正直者が増えること、国がきちんと対応することを願っています。

以上です!

-LIFE
-, ,

Copyright© 🎬映画KING! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.