映画まとめ

映画【コンテイジョン】から学ぶ"新型コロナウイルス"への対策と留意点

みなさんこんにちは!ペンペン(@penpen_movie)です。

現在、新型コロナウイルスが原因の肺炎による死亡者が中国で増加しています。

映画好きの間ではすでに話題になっていますが、2011年公開のマット・デイモン主演『コンテイジョン』という映画と今の状況がかなり似ているのです。

そこで今回は、『コンテイジョン』から学ぶ新型コロナウイルスへの対策、留意点、今後の流れの予想を書いて行きます。

この映画はかなりリアルなので、世界全体で同じ流れになる可能性は十分に高いと思い、今一番観て欲しい映画です。

コンテイジョンを観るならU-NEXTがお得!

ビデオレンタルすると1作100円以上してしてしまいますし、返却も面倒ですよね?

U-NEXTなら初回31日間が無料になるだけでなく、有料作品で使えるポイントもプレゼント中!

かなりの作品が見放題になる上、期間中に退会すればもちろん無料

『コンテイジョン』はどんな映画?

あらすじ

「トラフィック」「オーシャンズ11」のスティーブン・ソダーバーグ監督が、マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレットら豪華キャストを迎え、地球規模で新種のウィルスが感染拡大していく恐怖を描いたサスペンス大作。

接触感染により数日で命を落とすという強力な新種ウィルスが香港で発生。感染は瞬く間に世界中に拡大していく。見えないウィルスの脅威に人々はパニックに襲われ、その恐怖の中で生き残るための道を探っていく。

映画.com

作品情報

監督
  • スティーヴン・ソダーバーグ
製作総指揮
  • ジェフ・スコール
  • マイケル・ポレール
  • ジョナサン・キング
脚本
  • スコット・Z・バーンズ
音楽
  • クリフ・マルティネス

新型コロナウイルスへの対策と留意点

下記では『コンテイジョン』でわかる現時点で出来る対策、留意点を書いて行きます。

※映画のネタバレも含んでいますが、ご了承ください。

対策

・必ず石鹸で手を洗おう

・出来る限りマスクをしよう

・最新ワクチンを予防接種しよう

・体調が悪いと感じたらすぐに感染を疑おう

・飲食類を自宅に蓄えよう

・しっかりとしたメディアで最新情報を入手しよう

留意点

インターネット上の噂や証拠がない情報を信じるな

作品内では序盤でアメリカ疾病予防管理センター (CDC)からワクチン開発が進められますが、それをすぐに嗅ぎつけた自称・記者のブロガーがブログ上でデマ情報を流します。

それが大きく広まり、さらにパニックを引き起こすきっかけになるのです。

数年前、熊本地震のときにライオンが逃げ出したというデマ情報を流した男性が逮捕されました。

「ライオン逃げた」熊本地震のデマ情報を拡散した疑い 20歳男を逮捕

今はすぐになんでもかんでも拡散されてしまう世界なので、これは絶対に気をつけましょう。

スポンサーリンク

今後の流れはどうなるのか?

あくまでも『コンテイジョン』を参考にして、今後どうなるのかという流れの予想です。

絶対にこうなるわけではないですが、可能性は高いので、頭に入れて置くべきことです。

1.感染が拡大

2.CDCやその他の機関がサンプルからワクチン開発

3.世界中に拡大し、パニック

4.生活必需品や飲食類が店から無くなる

5.飲食類を政府が配給

6.サンプルのワクチンを抽選で配布

7.世界にワクチンを配布

ちなみにこの映画、「アメリカ疾病予防管理センター (CDC) や他の感染症の専門家から情報や助言を得た」らしいのでかなりリアリティに重点を置いているし、現状の参考になることは間違いないでしょう。

ワクチン開発は既に行われているでしょうが、どのくらい進んでいるのかは定かではありません。

すぐに開発が終われば感染はすぐおさまると思いますが、映画ではかなり時間がかかっていて、各国の政府も機能できず...となります。

「臨床試験、許可や承認、流通で数ヶ月かかる」というセリフがありますが、まさにこの通りです。

スポンサーリンク

新型コロナウイルス対策、留意点まとめ

前に観た事があったので、新型コロナウイルスのことが広まったときにすぐに思い出しました。

リアリティを追求している映画は、同じ状況になったときに非常に役立つんですよね。

まずはしっかりとしたメディアで最新情報を確保し、デマ情報に惑わされないように気をつけましょう。

以上です!

-映画まとめ
-, , , ,

Copyright© 🎬映画KING! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.