LIFE

【映画館バイト】評判はどうなのか?メリット&デメリットまとめ

2019年10月5日

みなさんこんにちは!ペンペン(@penpen_movie)です。

皆さんは人生初バイト、何を選びましたか?

僕は映画館を選びました。映画が好きだからっていう理由です。残念ながら4ヶ月でやめてしまいましたが、なかなか特徴的なアルバイトだと思います。

最近はVODサービスが広がったおかげで映画好きが増えました。元々人気があるらしいのですが、さらに人気バイトになるかもしれません。

今回は、映画館アルバイトについて感想やメリット&デメリットなどを深掘りしていきます!

スポンサーリンク

仕事内容・時給はどのくらい?

仕事内容

●コンセッション
ポップコーンやホットドッグ、ドリンクを売っている場所。多くの人が最初に配属される部署だと思います。土日祝や長期休みはかなり行列が出来て、地獄絵図となっていました。ちなみに僕もコンセ始まりです。

●フロア
フロアは案内業務と販売の両方を担当します。チケットのチェック、グッズ販売、お客の誘導、映像チェック、シアター内清掃が主な仕事です。腕時計をつけて行動をするので、常に時間を意識して動かなければなりません。

●映写
映写は映画を上映する準備や調整をして、映写機のメンテナンスを行う仕事です。専門的な知識が必要なるため研修があり、経験も必要です。そのため、バイトで募集がかかることは珍しい仕事です。

時給

一般的には850円〜1000円、東京都内だともう少し上になるそうです。

僕のところは830円と最低賃金に限りなく近い時給でした。またフロアにいた友達によると、前に最低賃金と同じだったこともあるそうです。

時給を期待して映画館を選ぶのはやめたほうがいい、と思うかもしれませんが一概には言えません。その理由は以下で書き記します。

時給に見合ってるのかどうか?

はっきり言って時給は絶望的なほど低いと思った方が良いです。

しかしその反面、交通費はきちんと出るし、映画が無料になるし、無料鑑賞券がもらえる可能性もある。つまり福利厚生が想像以上にちゃんとしていてびっくりしました。

映画館で観ようとすると通常は1800円、大学生でも1500円はかかります。それが無料ですからね。めちゃくちゃすごいでしょう。しかも1日に何本観てもいいので、僕は朝から3本観ることもありました。

時給に見合ってるかどうかは、映画好きかどうかが最大のポイントでしょうね。対して映画が好きではないしあまり映画館で観ない方だと、こんな安い時給で使い倒されるのはきついって思ってしまうかもしれないです。

スポンサーリンク

映画館バイトのメリット&デメリット

メリット

  • 平日は他のバイトではありえないぐらい楽
  • レジがかなりあるため、急がされることがほとんど無い
  • 若い人が多く、すぐに意気投合できる
  • 情報がいち早くもらえる
  • 無料鑑賞券が時々もらえる
  • フード&ドリンクが割引、シフトの日だけ映画無料

メリットについていくつかコメント

平日が楽⇨特に昼間は1時間に1人も来ないこともありました。夜は話題作が少し混むぐらいです。

シフトの日だけ映画無料⇨シフトの前後、出勤可と出して入らなかった日が該当します。8割以上埋まっているとダメらしいですが、そんな時に観ようと思う事が皆無でしょうから基本的には観られます。

無料鑑賞券がもらえる⇨これはびっくりでした。「ある月の売上が良かったことと夏休み気合い入れよう」「夏休みお疲れ様」ということで、なんと8枚ももらえました。期限が3ヶ月なんですが、それだけあればかなり十分でしょう。


無料券の写真↓

チェーンの映画館はいくつかあるので、絶対もらえるわけでは無いです。

デメリット

  • 映画好きが絶対いるわけでは無い
  • 暇な時間は掃除ばかりで苦痛に感じる
  • とにかく休日の混雑が尋常では無い
  • 年齢層が若い分、面倒な人が店員にいることがある
  • 学童の行事で子供が大勢来た場合、レジが面倒
  • 客の質が悪い(イヤホンしたまま、逆ギレ、面倒なクレームなど)

デメリットについていくつかコメント

暇な時間は掃除ばかり⇨僕がいたシネマでは、毎日掃除・毎週掃除が20箇所、毎月掃除が15箇所ほどでした。なので暇な時間は毎日と毎週の掃除をやっていたので、苦痛でした。

・休日の混雑が尋常ではない⇨混雑時にフロアを歩いたわけではありませんが、チケット券売機の列とコンセへの列でフロアが完全に埋まっていました。歩けないぐらいの混雑です。特に話題作が何本も公開している時期は、列が終わらずにずっとレジです。

・客の質が悪い⇨Lのドリンク量少ないとか、使えないクレジットカード出しといて「使えない」と言ったら逆ギレとか普通にありました。客の質ははっきり言って最悪でした。

評判

sdf さん/東京都/20代/女性/学生


出勤したらタイムカードを押して、制服に着替えます。時間になったら朝礼をして、朝礼のあとその日の連絡事項を確認、引き継ぎをします。その後その日の持ち場に着きます。持ち場は日によって交代でもぎり、チケットの販売、清掃、フードの販売、グッズの販売、映写などです。休憩は、交代で混んでいない時間に取ります。きちんと休憩時間もあたり、休憩室もあります。何人か一緒に休憩になることもあります。

あつあつおでん さん/千葉県/20代/女性/学生


私は映画館のコンセッション(ポップコーンや飲み物を売っているところです)で、フード調理や接客を行なっていました。調理と販売をどちらも行いますが、どちらも覚える事がそれほど多くなく、調理も簡単です。調理と同時並行で販売を行うことには戸惑う事がありましたが、すぐに慣れました。ポップコーンは機械に入れるだけ、その他のフードは解凍して温めて簡単な盛り付けなどをするだけ、飲み物は注ぐだけでできました。入ったシフトが4時間などで短かったため、休憩はありませんでした。

ちょくこ さん/東京都/20代/女性


チケット売り場、飲食売店、フロアの3部門に分かれています。最初はどこかの部門に割り振られ、適性を見てほかの部門に異動したりします。仕事ができるようになると混雑状況に合わせて3部門を行き来するようになります。主にフリーターの勤続年数が5年以上経つと、電話対応も行うようになります。

アキハル さん/北海道/20代/女性


私はコンセッション(フード販売)を担当していました。まずロッカーの鍵を取りに行き、着替え、事務所にて熱を測り準備を整えてマネージャーに身だしなみチェックをしてもらったあと、朝礼をしてそれぞれのセクションへ移動します。バックヤードでまず自分の役割を確認(レジ、補充、仕込み)をします。レジはとにかくレジ業務とフード作成、補充は足りなくなったポップコーンや軽食、容器などをひたすら補充していき、仕込みはバックヤードで軽食(ホットドッグなど)の準備をします。その日の勤務時間によって休憩の有無や時間は変わりますが、大抵忙しくなければ出勤から2時間後に休憩がもらえます。休憩を回すのもスタッフの担当なので、都度相談したり自分の希望を聞いてもらえたりと、比較的自由でした。

バンゼロ さん/愛知県/20代/女性


映画館なので、スタッフは無料で映画を鑑賞することができます。出勤後や出勤のない日でも鑑賞することができるので、映画好きな方にはとてもよいのではないかと思います。ショッピングモールの中にあるので、他のお店の割引があったりもします。映画館は多くのお客様が来られるので、その分スタッフの数も多いです。学生のスタッフも多く、同年代の友人が増えます。スタッフは温厚で優しい人が多いため、忙しい時でも和気あいあいと働いています。スタッフ間の仲がとてもよいため、楽しく働けています。

to-b.jp

まとめ

いかがでしたでしょうか?

意外と仕事内容が多様な映画館バイト。「映画が好き」という方は、愛着を持って長く続けられる仕事だと思います。

映画好きの友達が欲しいという理由で始めるのはあまりオススメしませんが、無料で映画を観れるというのはかなりでかいと思います。

興味を持った方は是非チャレンジしてみてください。

以上です!

スポンサーリンク

-LIFE
-, , ,

Copyright© 🎬映画KING! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.